DHS、SAPに10200万ドルの児童支援システムのオーバーホールを目指す

オーストラリアのヒューマンサービス部門(DHS)は、従来のキューバの児童支援システムを置き換えるために、市販の市販製品をSAPに求めることを明らかにしました。

5月の連邦予算の報道で報告されたウェブサイトとして、政府は2002年以来の現行のIT支援システムを置き換えるために今後5年間で10220万豪ドルを割り当てた。

現在のシステムは、ローマ神話の子供の女神にちなんで命名され、毎月3000人以上のスタッフによって使用され、毎回10億件以上の取引が毎回行われている、年。

650の画面とウィンドウが1,000のメインフレームベースのサーバーでサポートされており、7,500のコード・モジュールと350のテーブルのデータベースと7,500のデータ・アクセス・ポイントを備えています。

同部のスポークスパーソンは、キューバのアプリケーションは、CA-Gen開発プラットフォームを使用して社内に構築され、システムが部門ソフトウェアと相互作用することを可能にするさまざまな技術によってサポートされているとウェブサイトに語った。 Unisysは2002年に初期のハイレベルなデザインを提供して以来、このアプリケーションは社内で管理されていました。

木曜日に公開された入札書類では、キューバをSAP商用市販製品と置き換えるSAPの手法を加速するソリューションを模索していると述べた。

入札に勝利した企業は、新しいシステムを開発し、子育てデータベースを新しいプラットフォームに移行し、データを検証し、既存のキューバシステムを廃止し、データをアーカイブし、新しいシステムが部署の通信ネットワークに確実に統合されるようにする必要があります。

同部では、2016年半ばまでに新しいシステムを導入する予定であり、既存のキューバシステムは2016年末に廃止される予定です。

当初の契約期間は5年以上とされているが、入札書類では、新システムの導入期間を3年に短縮することを検討していると述べた。

入札は2013年8月12日まで関心の表明に開放されています。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性