APACの中国、タイで最もオンラインの買い物客

アジア太平洋市場でオンラインショッピングをするユーザーの割合が成熟市場のユーザーを上回っていることから、中国とタイは新しいレポートを発表しています。

木曜日に発行されたMasterCardのオンラインショッピング調査によると、中国とタイの回答者の80%がオンラインで買い物をしており、両国を他のアジア太平洋諸国のオンラインショッピングのリーダーにしている。 74%で日本はオンラインショッピングで3位、韓国は71%、オーストラリアは68%だった。

アジア太平洋市場では、タイ、中国、日本、韓国、オーストラリア、マレーシア、ニュージーランド、ニュージーランドの14の市場からの7,373人の回答者が、2011年12月5日から2012年2月6日まで、台湾、ベトナム、香港、インドネシア、シンガポール、インド、フィリピンでは、オンラインショッピングの習慣について調査されました。

アジア太平洋地域の新興市場のリーダーであるフィリップ・エン(Philip Yen)氏は、「今回の調査では、かつて東南アジアで出現していると考えられていた市場は、現実には挑戦的であり、場合によってはその地域の伝統的で成熟したオンライン市場を追い抜いている – パシフィック、中東、アフリカ、MasterCard Worldwide

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

モバイルショッピングの台頭:回答者の71%は、むしろオンラインショッピングにラップトップを使用すると答えたことを認めているが、携帯電話をオンラインショッピングのためのデバイスとして使用することは、新興市場。

タイでは、回答者の59%がモバイルを優先オンラインショッピングの方法として選択しました。中国、ベトナム、インドはそれぞれ37%、32%、32%となっている。

57%の回答者の多くは、利便性のためにモバイルショッピングを選択したが、46%はモバイルショッピングを容易にするアプリの可用性が高まったため、モバイルショッピングを選択した。

アプリと音楽がそれぞれ31%と24%と最も高く、クーポン取引サイトが17%、衣料品小売店が17%、映画館が16%となっている。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル