アジア:ケーブルの不良によりネットアクセスが遅くなる

日本、韓国、台湾、香港、フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイを結ぶ12,000kmの海底光ファイバケーブルであるアジア太平洋ケーブルネットワーク(APCN)の欠陥は数時間インターネットトラフィックを減速させた木曜日。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、安価なデータと無料の音声でインドのテレコムを揺るがすNBN、NBNがオーストラリアを置く「リーダーシップの位置」で:ビル・モロー

1996年に完成したAPCNは、オーストラリアのReach CommunicationsとSingapore Telecommunications Ltd(SingTel)を含む地域コンソーシアムが所有しています。

SingTelの広報担当者は、ケーブルの故障の原因として「船積み活動」を挙げた。

この被害はシンガポール東部のチャンギ島から約40km離れた午後1時40分(現地時間)に報告された。

シンガポールの一部のインターネットユーザーは、海外でホストされているWebサイトにアクセスできないと、SingTel広報担当者は認めた。

リーチのマーティン・ラティア広報担当者も「ジャカルタのIP(インターネットプロトコル)顧客は影響を受けていたが、オーストラリアの顧客には影響はなかった」と述べた。

双方の通信会社は、SEA-ME-WE 3や新しく発足したAPCN 2など、他の地域のケーブルシステムにインターネットトラフィックをリダイレクトするための即刻の措置をとったと述べた。

顧客への影響を最小限に抑えるため、復旧可能なすべてのトラフィックは、障害が報告されてから数時間以内に再ルーティングされました。シンガポールのトラフィックは1時間以内に復旧しました。

リーチとシングテルが調整した調査では、修理作業が始まっている間、ケーブルの故障の全範囲を特定するために進行中です」とSingTelのスポークスパーソンは今日言いましたが、詳細を提供することはできませんでした。

SingTelはまた、インターネットサービスは「今朝の正常な動作レベルに戻った」と強調した。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow