アップル、第4四半期に4,800万台のiPhoneを販売

()

Appleの第4四半期は通常、最も静かですが、まだiPhoneが集まっています。

カリフォルニア州クパチーノに本拠を置くテクノロジー大手は、第4四半期の純利益は111億ドル、1株当たり1.96ドルと発表した。収入は前年同期比22%増の550億ドルとなりました(声明)。

ウォールストリートは、第1四半期の収益511億ドルに対し、1株あたり1.88ドルの利益を上げることを期待していた。

通年では、Appleは2337億ドルの収入で1株当たり9.22ドルを報告した。ウォール街は、売上高2333億ドルで1株当たり9.13ドルを予想していた。

これは四半期と通年ともに予想を上回っている。 AppleのチーフエグゼクティブであるTim Cook氏は準備ができていることを喜ばしく思います。

Appleは四半期に報告した

Appleの売上総利益率は39.9%で、前年同期の38%からわずかに上昇した。一方、海外売上高は第1四半期の売上高の62%を占めています。

iPhone:前年同期の3920万台から増加した4,040万台、iPads:980万台、前年同期の1,230万台から減少、Mac:570万台、前年同期の550万台から増加、サービス前年同期比で10%増の50億ドル、その他の製品(付属品とApple Watchは含まれていたが、別々に分けられていない):前四半期の61%増の30億4000万ドル

Appleの取締役会はまた、11月12日に支払うべき1株当たり52セントの現金配当を宣言した。

フォローアップの電話会議で、クック氏は、同四半期中にアップルが15回の買収を行ったことを確認したが、販売されたアップルウォッチの数は明らかにしなかった。

現在の第1四半期の売上高は755億ドルから775億ドルで、売上総利益率は39%から40%になると予測しています。

また、過去12ヶ月間に250億ドルの収入が企業からもたらされたという。

アップルは、それが好きであるかどうかにかかわらず、Appleは実際には廃止された技術を捨てるために必要な「勇気」を持っている;モビリティ;新しい動きで、Appleは週末のiPhone 7の販売開始を明らかにしない;革新; Appleの失敗したファッションギャンブル; Apple; Appleの立ち上げ

アップルの株式(AAPL)はニューヨークのナスダック株式市場で0.6%下落した。時間外取引では、株式は3%以上増加しました。

この投稿は更新されました。

そうであってもなくても、Appleは本当に時代遅れの技術を排除するために必要な「勇気」を持っている

新しい動きで、Appleは週末のiPhone 7の販売開始を明らかにしない

アップルのファッションギャンブル失敗

Appleの立ち上げに対するTwitterの反応