SKテレコム、IoT専用ネットワークを商品化

韓国の移動通信事業者であるSKテレコムは、IoT(Internet of Things)サービス専用の全国ネットワークを商業的に立ち上げ、月額100MBのデータを1.75ドルで提供している。

ネットワークは同社のLoRa無線標準ベースのネットワーク、同胞との共同プロジェクト、3月に構築されたLTE-Mネットワークを使用しています。

SKテレコムは、遠隔照明制御、ワイヤレスメーター読み取り、マンホール監視、およびウェアラブルのために価格競争のネットワークが顧客によって使用されることを望んでいる。

同通信社は、新しいネットワークが従来のマシンツーマシン(M2M)サービスの比較的高い消費電力と価格を追い越し、IoT関連の事業における需要の増加に寄与していると述べた。

顧客は100MBのデータを1ヶ月あたり約$ 1.75の2,000ウォンしか使用できません。検針用ネットワークを利用している人は、月に350ウォン(31セント)を支払うだけでよい。

同社はまた、顧客を応募するための無料の10万のIoTモジュールを配布する。

ライバルKTはまた、LTE-Mネットワークを使用する年内にIoT専用市場を展開する予定です。

先月、エリクソンと提携して、SKは5Gインフラの可能性を実証した。

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T

オーストラリア政府はスマート都市計画のために英国の基準を活用する

IoT LoRaWANネットワークはシドニーに住む

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

オーストラリアの航空会社はSamsung Galaxy Note 7を禁止?Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインド通信を揺るがすiPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある、韓国のMinkonetはVRストリーミングサービスの上にネイティブオブジェクト広告を載せ、SamsungとT-Mobileは5G試行

Internet of Things、クエスト、クアルコム、4G LTEネットワーク、Internet of Things、スマートシティ計画のための英国標準を活用するためのオーストラリア政府、IoT LoRaWANネットワークがSydney、Cloud、Connected、雲の時代はより良いネットワークが必要