ノキアの料金を除いて、マイクロソフトのQ4は堅実に見えた

マイクロソフトは、第4四半期に、ノキア事業の再編に伴う大幅な損失だけでなく、エンタープライズ事業に主に関連する明るいスポットを含む会計年度を終了した。

同社は第4四半期の損失を20億5000万ドル(1株当たり40セント)と発表した。ノキアの買収に対する75億ドルの償却と7億8000万ドルの事業再編費用が功を奏した。料金を除いて、マイクロソフトは1株当たり62セントの利益を報告した。第4四半期の収益は221億ドルでした。

ウォールストリートは、第2四半期の利益見通しを、売上高220億6000万ドルで1株当たり56セントと報告すると予想していた。

マイクロソフト社の第4四半期には、可動部品が含まれており、サブスクリプション事業と同様にWindows 10の売上を時間の経過とともに認識し始めた最初の製品となった。ほとんどのテクノロジー企業と同様、マイクロソフトも通貨変動に苦しんでいました。マイクロソフトの商用事業もまた、期待に照らして軽視された。

来週Windows 10が登場し、MicrosoftはWindowsをサービスビジネスモデルとして導入することを望んでいる。また見てください

第4四半期は、このように高いレベルで崩壊した。

声明の中でマイクロソフトの幹部は、同社は将来のためにそれを設定する分野に投資していると述べた。

ここで重要な点を見てみましょう

MicrosoftはWindows 10の10年間のサポートライフサイクルを約束しました; MicrosoftのCEO、Satya Nadellaから5つのことを学んだExclusive:CEOのNadellaがMicrosoftのモバイル野望、Windows 10戦略、HoloLensなど

2015年度のマイクロソフトの収益は、前年同期比8%増の936億ドルの収益で、182億ドル(1株当たり1.48ドル)の利益を計上しました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

Microsoftの商用クラウドの収益は、前年同期比で88%増加し、年間売上高は80億ドルに達しています。これには、Azure、Office 365、Dynamics CRM Onlineが含まれ、Office 365のコンシューマ加入者数は1520万人で、第4四半期には300万人増、サーバー製品とサービスの売上高は4%増、Microsoftは年金売上高がトランザクションセールスを上回ったと発表した。商用ライセンスのボリュームライセンスは第4四半期に8%減少しました。消費者側では、Windows OEMの売上高は22%減少し、表面収益は8億8800万ドルで117%、Bingの検索広告収益は21%増、マイクロソフトは840万台のLumiaスマートフォンを販売した。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大