オーストラリアはOECDブロードバンドランキングで低下

経済協力開発機構(OECD)が公表した最新の統計によると、オーストラリアは依然として加入者浸透度が依然として高いものの、1人当たりの固定ブロードバンド顧客数は減少している。

Telstraは5Gトライアルで協力し、通信事業者、コンテンツ配信のためのグローバル・メディア・ネットワーク、通信事業者、TelstraはSDN再償却による120の自発的冗長化、通信事業者、Foxtelは来月NBNの提供を確認

昨晩発表された統計によれば、2013年12月末現在、オーストラリアには600万人を超える固定ブロードバンド加入者があり、全人口のおよそ26%に相当する。これらの顧客の大半は、ケーブルで4.1%、ファイバで0.7%であったのに対し、DSL技術は21.2%でした。

その結果、2013年6月現在の25.6%の普及率からオーストラリアへの改善がみられたが、他のOECD諸国の僅かな利益により、オーストラリアはオーストリアとの18位から21位へと低下した。

政府からOECDに提供された統計によると、2013年後半にNBNが勢いを回復したにもかかわらず、繊維を介して接続されたオーストラリア人の割合は、何とか1.97%から0.7%に低下した。

スイスは固定回線ブロードバンドを保有する市民の44.9%を占め、オランダ、デンマーク、フランス、韓国がそれに続いた。

トルコは、固定ブロードバンドに接続している市民のわずか11.2%で、ランキングの一番下にあった。

携帯電話の成長率はこれまでどおり堅調に推移しましたが、フィンランドへの半分の加入者がモバイル加入者の普及率でトップを失っていますが、現在の普及率は123.3%で、オーストラリアは114.4%の普及率で2位、人口2300万人のサブスクリプション。

オーストラリアは日本、スウェーデン、デンマーク、韓国、米国に先行しており、これは初めて100%の普及率に達し、3億人以上のモバイル加入者を抱えていました。

メキシコはリストの一番下にあり、市民の14%がモバイル契約を結んでいた。

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

Telstra、コンテンツ配信のためのグローバル・メディア・ネットワークを発表

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

Foxtel、来月NBNの提供を確定