1000万人のオーストラリア人が現在myGovに登録しています

オーストラリア政府のオンラインサービスポータル「myGov」は8つの数字を達成し、1,000万人以上のユーザーがシステムにサインアップしています。

政府によると、平均16万人の人々がmyGovを毎日使用しています。ヒューマンサービスのAlan Tudge大臣はこのポータルを自慢し、Commonwealth Bankのようなデジタルサービスユーザーの数を上回っています。

2014年にAustralian Taxation Office(ATO)がmyGovポータルに加わり、myGovアカウントを使用して税務申告を認証することができました。

今年の7月のピーク時には、660,000人以上のユーザーが1日にログインしていましたが、2015年7月の750万人と比較して、2016年7月に1420万人のログインがあったとのことです。

ATOは、メディケア、Centrelink、児童支援、退役軍人省、国家障害保険スキーム(NDIS)、e-ヘルスに加わった政府ポータルの最新の追加版でした。

「myGovは、人々が政府とやりとりし、情報を更新し、税金を払い、給付を申請することをより簡単に簡単にすることを約束している」と同氏は声明で述べている。

myGovサービスには初期の不満がありましたが、私たちは最近かなりの改善を行い、さらに多くの計画があります。

myTaxポータルの立ち上げがうまくいかず、myGovのスムーズなセーリングは行われていません。当時、ユーザは2014-15会計年度の最初の数日間に、myGovログインの詳細とATOの詳細をリンクするのが難しいと報告しました。

オーストラリアの研究資金調達ラウンドで量子コンピューティングが成績を上げている可能性があります。ANZ Bankがハイテクエグゼクティブデッキをシャッフルしています。Telstraがコンテンツ配信のためにグローバルメディアネットワークを発表しました; TelstraはSDN再償却による120件の自発的冗長化を求めています。

しかし、Tudgeは今週、ユーザーがユーザー名や電子メールアドレスでログインするオプションを提供し、ユーザーのアカウントロックアウト時間を短縮するなど、ユーザーが一般のフィードバックを通じて表現した不満に対処するために、間違った資格が12時間から2時間に入力されました。

Tudge氏は、最近の選挙キャンペーンで約束された50百万豪ドルで、ポータルをモバイルで利用できるようにしたり、代理店間取引の問題を修正したり、ユーザーのスタッフサポートを改善するなど、myGovへのさらなるアップグレードが行われると述べた。

昨年、myGovの責任はDigital Transformation Office(DTO)に引き渡され、政府機関やサービスをオンラインで統一することを任命されました。

Malcolm Turnbull首相兼通信大臣は、当初、国や地方自治体の政府と協力して、myGovをより有効に活用する方法を含む、協力の機会を特定する作業を担当した。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEは9月13日にiOS 10、9月20日にmacOS Sierra、エンタープライズソフトウェア、HPEはマイクロフォーカスに88億ドルの取引で非中心的なソフトウェア資産をオフロード、エンタープライズソフトウェア、AppleがiWorkを提供するLinuxディストリビューション、コラボレーション機能

Turnbull氏は、「政府とのやりとりは、インターネットバンキングと同じくらい簡単でなければならず、アプリを通じてタクシーを注文するべきだ」と語った。

昨年7月、ニューサウスウェールズ州政府は、ニューサウスウェールズポータルに参加することについて連邦政府との議論が行われている間に、Service NSWを通じてデジタル取引ポータルを設計することにしました。

NDISは2016年7月1日に全国展開を開始しました。このスキームのMyPlaceポータルにアクセスしたいユーザーは、myGovアカウントが必要です。

政府は7月初旬から6500万豪ドル相当の支払い要求を処理したと主張しているにもかかわらず、MyPlaceポータルを独立してレビューし、NDIS参加者とプロバイダの「合意された期待を満たす」ことを確認した。

このレビューは、ポータルにプロバイダデータをアップロードすることができず、その結果、代理店からの支払いが遅れ、プロバイダーや参加者によって複数の懸念が表明されるなど、ITシステムが直面した混乱の後に呼ばれました。

労働党は木曜日、障害者とその家族が信頼性の低い制度の結果として任命を中止することを余儀なくされたと発表した。

オーストラリア政府のe-健康記録システムであるマイ・ヘルス・レコードは、今月の目標を達成し、自動オプトイン・サービスに400万人以上のユーザーを登録したと主張しています。

もともと2012年に開始されたこのシステムは、以来、「個人的に管理されているe-ヘルス記録システム」(PCEHR)からマイ・ヘルス・レコードに改名されました。

創業以来、マイ・ヘルス・レコードは、Australian Privacy Foundationの健康委員会委員長を務めているバーナード・ロバートソン・ダン博士と共に、このシステムをお金の無駄と呼んでいます。

ロバートソン氏は「これまでの費用は20億オーストラリアドルで、毎年4億オーストラリアドルを超えているが、医療費の削減や医療費の削減方法については一度も言わなかった。ダン氏は言った。

彼らは栄光の文書管理システムを構築しました。それは本当に健康記録システムではありません…データは主にPDFであり、これは文書です。それらを検索することは困難です。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

アップル、iWorkコラボレーション機能を提供