トリノ市はWindows XPをUbuntu用に、6百万ユーロを節約することを決定

6百万ユーロ:すべてのオフィスでWindows XPからUbuntu Linuxに切り替えることで、トリノの自治体が5年間で救うことを望む金額。

これは、8,300台のPCにオープンソースのオペレーティングシステムをインストールすることで、1台のマシンあたり約300ユーロ(WindowsとOfficeライセンスのコストから構成されている€2.5m)を即座に節約することになります。独自のソフトウェアライセンスの更新の必要性がなくなり、従業員は新しいマシンに慣れるため、何年もの間、

昨年の夏には、XPデッドラインが迫ったため、ユダヤ人流通業者は自分のUbuntuディストリビューションに72,000台のPCを搭載する予定です。

むしろ、古いものに。この切り替えのもう一つの理由は、Turinの使用するコンピュータがかなり古く、Windows 8のインストールはあまりにも厳しいかもしれないが、Linuxはより成熟したコンピュータでより柔軟性を提供するだろう。そして、今年のWindows XPが正式に終了したため、マイクロソフトに訴えることはトリノにとってはあまり意味がありませんでした。 Ubuntuへの移行は8月上旬に正式に承認され、1年半ほどかかることが予想されます。

なぜ、ある地域がLibreOfficeのMicrosoft Officeを捨てて、Microsoft Officeを捨てたり、給料を削減したのか、どちらを選ぶだろうか、オープンソースが再びミュンヘンで勝利したのは、フェラーリを20mphで運転するようなものだった。

民主党のフォスカ・ノミス議員によると、この動きはしばらくの間続いているという。 「約2年前からこれについて議論してきた。 「このプロジェクトは、経済的な懸念から一時的に廃止されました。有効かつ有料のライセンスを引き続き実行していたのですが、XPからの切り替えにはコストがかかるでしょう。しかし、これらのWindowsライセンスの有効期限が切れたため、新製品の試用には時間がかかります。

経済的議論がトリノの決定の原動力である一方、トリノ大学のインターネットと社会のためのトリプル大学のネクサセンターから、市のポリテクニック、Officina Informatica Libera Linux愛好家のためのコミュニティ)、フリーソフトウェアの話題が議論されている場所は不足していません。この地域のオープンソース・リンクのさらに詳しい証拠は、オープンソースのリチャード・ストールマン氏が講演者の一人として、9月14日に「オープンソース・ソフトウェアの首都としてのサイベリア・トリノ」イベントが開催されたことです。

その施設の高い権威と権威のおかげで、トリノは他のイタリアの都市にも影響を与える可能性があります。

もちろん、トリノはLinuxに移行する最初のイタリアの自治体ではない」とノーミス氏は語ったが、これはおそらくこれまでの最大のものの1つであり、他の都市には小さな町ピエモンテ州の首都を囲んでおり、それは[地域の]主な行政センターで使用されているモデルを採用するよう呼びかけられます。

もちろん、移行が成功し、可能な限り無痛であるため、提供されます。最近、ミュンヘン市は、おそらく最もよく知られている地方自治体の組織で、WindowsからLinuxに移行したとされていました。しかし、ミュンヘンの計画についての真実は、最初に報告されたよりもはるかに微妙なようです。

イタリアでは、ナポリ市は、2007年に部分的にLinuxに移行した自治体がマイクロソフトへのリターンを検討していたかどうかについての最近の論争の対象となりました。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理とは何か、企業ソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

しかしウンブリアの地域やプーリア、ボルツァーノなどの地方自治体の他の団体は、オープンソースの宇宙に向けて断固として進んできました。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする