Dropbox for Businessは、世界的なクラウドセキュリティ標準

Dropbox for Businessは、機密性の高い貴重なデータを持つよりプロフェッショナルな顧客を獲得することを目指して、別のハードルを超えて飛躍しました。

クラウドストレージサービスは、企業が国家安全保障データの要求を「正しい方向へのステップ」として開示することを許可したが、それはごくわずかな要求に対しても、まったく対応していないシステムの欠陥だと指摘した。

サンフランシスコを本拠地とするこのビジネスは、クラウドプライバシーとデータ保護に関する世界初の国際標準であるISO 27018認定を月曜日に発表した。

2014年8月に初めて導入されたISO 27018は、ユーザーのプライバシー保護に特化して作成されました。これは、グローバルな情報セキュリティ標準であるISO 27001からアップグレードされました。

DropboxのセキュリティリスクとコンプライアンスチームのマネージャであるTolga Erbay氏は、Dropboxが独自の目的で顧客の情報をどのように使用することができるかどうかを証明するというブログ記事をさらに詳しく述べました。

これには、顧客データがDropboxサーバー上のどこにあるのか、ファイルが削除されたときにどうなるのか、そしてDropboxがパートナーにして統合することを決定した他の企業にとって「透明」であることが含まれます。

私たちはあなたがサインアップしたサービスを提供するために私たちが提供した個人情報のみを使用します」とErbayは書きました。必要に応じて、Dropboxからデータを追加、変更、または削除することができます。

Dropboxはまた、ISO 27018とISO 27001の両方の認証に準拠していることを確認するため、独立した第三者による年次監査にコミットしました。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

ファイル共有サービスはMicrosoftの足跡をたどっており、今年はすべてのことが雲の上に浮かんでいると言えるだろう。 Windowsメーカーは、2月に新しいグローバル認定を取得しました。

Dropbox for Businessは、過去数ヶ月にわたって国際的な野望をよりよく知らしめています。

最近、Dropboxは4月にSoftBankとの新たな提携により日本への拡大を計画し始めた。クラウドストレージプロバイダーは、今後5年間で、日本で少なくとも100万人のビジネスユーザーを獲得することを目指しています。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大